所謂ミニマリストの本。

必要十分生活

著者: たっく
出版日: 2015-01-10
カテゴリ: eBooks

良かったところ

あくまで著者の場合はこう、という事で押し付けない所。
例えば私は自分の手を拭くタオルで風呂場や洗面台を拭くのはちょっと無理だし、自分が必要なのにたまにしか必要でないからといって他人の物を借りるという事はしたくない。けれど「こうしろ」というスタンスでは書かれていないので読んでいて疲れない。

安いからといって無駄に買いだめしないとか、比較的合理的に書かれていると思う。

良くなかったところ

お金でサービスを買ってどうにかしようとする点が多く、既に十分なQOLを確保できている人向けだと思った。
長期的に見れば節約になるのかもしれないが、節約という観点ではなく、いかに家(の見える所)に物を置かないか、という本である事を念頭に置いて読むべき。

スポンサーリンク