【女子高校生向けイベント】理系進学を考えているあなたへのぞいてみよう!理系女子の「いま」ーSciTech Girls in Handaiー — 大阪大学にて研究紹介を行いました。

開催概要

日付 2017年6月3日(土)
時間 13:00~17:00
場所 大阪大学 全学教育推進機構ステューデント・コモンズ、サイエンス・コモンズ

私は③の阪大ブースにてポスター発表をしました。

理論系の為、デモは持って行けないかもしれませんが、今何かできそうなものがないか考えています。
以下に当日のポスターとデモを置いておきます。解説はぼちぼち充実予定。

参加には事前申し込みが必要(途中参加、途中退席自由)です。まだ枠はあるそうですが、予約が必要なブースもあるのでお早めに。

当日の資料

デモの解説

デモを動かすにはCDFプレイヤー(無料)が必要です。

高校生向けのざっくり説明。

  1. インフレーションを起こすには坂道(ポテンシャル1)をゆっくり転がる素粒子があると良いと考えられています。1つ目のグラフでゆっくり転がりそうな坂道を作りましょう。
  2. 2つ目のグラフは横軸が膨張の強さ、縦軸が重力のゆらぎの強さを表しています。薄い青い部分が観測に合うエリアです。スライダーの下2つを先ほど作った坂道と同じ数字に合わせ、一番上のスライダーを動かして濃い青い円がその中に入るか試してみましょう。
  3. 2つ目のグラフの一番上のスライダーの数字は、1つ目のグラフの横軸の数字に対応しています。うまくいく時の数字と、坂道の傾きを見てみましょう。モデルにもよりますが、この数字が1よりも大きいとあまり良くありません2

  1. ポテンシャルの形は\[ \frac{x^a}{1+bx^2} \]で1つ目のスライダーは\( a \)を、2つ目のスライダーは\( b \)を動かしています。 

  2. \( x=1 \)がプランク質量に対応しています。 

スポンサーリンク